借金のある家族と縁切りしたい人が読む3つのポイント

家族に借金があり、金銭的に頼られるのが嫌なので縁切りしたい、という人は少なからずいます。

家族と縁切りする、というのは法律上の手続きができるものではありませんが、関わりを無くすことで事実上の縁切りは可能です。

家族の借金を肩代わりする義務は保証人になっていない限りありませんし、家族を扶養する義務も強い強制力があるものではありません。

家族に借金があっても法律的には縁切りできない

結論から言うと、法律的に家族の縁を切る方法はありません。親であっても兄弟であっても、家族という関係は書類などで切ることはできないのです。

しかし、事実上まったく関わらないようにするということは可能です。

縁切りをしなくても、扶養・介護・葬儀といったことに一切関わらないようにすれば、縁切りしたのと同じことになります。

縁切りしなくても家族の借金を肩代わりする必要はない

財産というのは個人のものなので、たとえ家族に借金があったとしても、本人以外の人が返さなければならないという義務は基本的にはありません。

また、民法877条では「家族は互いに扶養をする義務がある」と定められていますが、実際に扶養を強制されるケースは珍しいです。

福祉事務所から「家族を扶養できないか」という連絡が来た場合でも、返信をしなくても罰則はありません

また、扶養義務は「社会通念上で生活を壊さない程度の限度」と定められているので、「生活に余裕がないので扶養はできない」「こういう理由があって絶縁状態なので扶養はしたくない」ということを伝え、断ることもできます。

この場合は裁判に訴えられることもありますが、生活に余裕がないことや絶縁の理由をはっきり主張すれば、裁判に勝って扶養をせずに済む可能性があります。

縁切りしても保証人になっていると家族の借金を肩代わりする義務がある

家族の借金を返さなければならないのは、家族の借金の保証人になっている場合です。

保証人は家族が死亡したり個人再生や自己破産を行ったりした場合、借金の残高を一括で返済する義務があります。

縁切りしたいような家族の保証人には絶対になってはいけないということですね。

まとめ

残念ながら、書類上の手続きなどを通じて法律的に家族と縁切りする方法はありませんが、一切関わらないようにすることで、事実上の縁切りは可能です。

家族には互いに扶養する義務があるとはいえ、家計に余裕がない人が無理をする義務はありませんし、その家族と絶縁状態であるという事情も考慮してもらえます。

ただし、家族の借金の保証人になっている場合は、本人が返済できなくなったときに肩代わりしなければならないので注意してください。