個人再生のメリットまとめ!元本の減額や住宅ローン特則について

個人再生は借金問題を解決するための正式な手続きの一つで、借金の元本を大幅に減額してもらえるという大きなメリットがあります。

また、住宅ローンが残っている人は「住宅ローン特則」を利用することで、持ち家を残したまま借金を整理できるという点もメリットです。

個人再生最大のメリットは元本を大幅に減額してもらえること

個人再生では以下のように、借金額に応じて返済しなければならない最低金額(最低弁済額)の基準が決められています。

借金額100万円以下:借金額の全額

借金額100万円~500万円:100万円

借金額500万円~1500万円:借金額の5分の1

借金額1500万円~3000万円:300万円

借金額3000万円~5000万円:借金額の10分の1

このように、元本を最大で10分の1まで減額してもらえる点が、個人再生の最大のメリットです。

ただし、持っている財産をお金に替えた時の金額(清算価値)が上の基準より高い場合は、その金額が返済額になります。

例えば、同じ500万円の借金がある人でも、財産がなければ返済額は100万円になりますが、150万円の車を持っている人の場合は返済額が150万円となります。

「住宅ローン特則」を使えば持ち家を残して個人再生できる

個人再生は裁判所を通して行う法的な手続きであるため、すべての借金を同じように整理の対象に含めなければならないというルールがあります。

しかし、完済前の住宅ローンであれば、「住宅ローン特則」を利用することで、家を残したまま個人再生することが可能です。

住宅ローン特則とは、完済前の住宅ローンを例外的に個人再生の対象から外すことができる制度です。

利用するには、家が個人再生をする本人の所有物であり(家族などとの共有でもOK)、本人が現在住んでいる家で、他の借金の担保になっていないこと、などの条件があります。

また、住宅ローン特則を利用して個人再生をした場合、減額してもらった借金の返済と同時に住宅ローンの支払いも続けることになるので、その点は踏まえて返済計画を立てる必要があります。

まとめ

個人再生では、借金の元本を5分の1から10分の1程度減額してもらえるという大きなメリットがあります。

ただし、財産がある人の場合は財産を売却処分したときの価格が返済額になります。

また、完済前の住宅ローンがある人は、住宅ローン特則を利用することで持ち家を残したまま個人再生ができるというメリットもあります。

その場合、借金の返済と同時に住宅ローンの支払いも続けていく必要があるので、返済計画はしっかり立てることが大切です。