個人再生を選べるのはどんな人?個人再生の特徴も紹介

個人再生というと、「条件が厳しいのではないか」と思ってしまう人は少なくないようです。

実際には、個人再生を選べる条件としては主に、借金額が5000万円以下であることと、元本を返済するのに十分な収入があること、というものがあげられます。

ただし、個人再生では整理する借金を自由に選ぶことはできないため、保証人に迷惑をかけたくないなどの事情がある人は、整理する借金を選べる任意整理をしたほうがよいでしょう。

★個人再生を選べるのは安定した収入がある人

個人再生では、借金の利息や遅延損害金を全額カットしたうえで、元本を5分の1程度に減額してもらい、35年をかけて返済していくことになります。

そのため、個人再生を選べる条件としては、減額された元本を35年(36回~60回払い)で返済していくのに十分なだけの安定した収入が見込まれることが必要です。

会社員や公務員などの安定した職業に就いている人はもちろん、パートやアルバイト、自営業者や個人事業主であっても、将来にわたって継続的な収入が見込まれる人は、個人再生を選べるといえます。

★個人再生では整理する借金を選べないが任意整理なら選べる

個人再生は裁判所を通して行う法的な手続きであるため、すべての借金を同じように整理しなければならないというルールがあります。

そのため、保証人付きの借金がある人や完済前の自動車ローンがある人が個人再生を選ぶと、保証人に一括払いで請求がいったり、自動車がローン会社に引きあげられたりする結果になります。

そうしたことを避けるには、整理する借金を自由に選べる任意整理を選択するのが有効です。

任意整理は自分の代理人である弁護士や司法書士と会社側とが任意で行う交渉であるため、整理する借金を自由に選べるので、保証人付きの借金や完済前の自動車ローンなどを対象から外して借金を整理することが可能です。

★まとめ

個人再生を選べるのは、元本を35年で返済するのに十分な安定した収入がある人です。

継続的に収入が見込めるのであれば、パートやアルバイト、自営業者や個人事業主であっても、個人再生を選ぶことはできます。

ただし、個人再生ではすべての借金を同じように整理しなければならないというルールがあります。

ですので、保証人付きの借金や完済前の自動車ローンなど整理したくない借金があるという人は、整理する借金を自由に選べる任意整理を選択すれば、整理したくない借金を対象から外して他の借金を整理できます。