任意整理の費用の相場はいくら?払えない場合の解決法とは?

任意整理を検討している人で、お金に余裕があるという人は少ないと思います。

任意整理は借金を確実に減らすことができる手続きですが、どのくらいの費用がかかるのか、分割払いにできるのか、といった点は気になるところですよね。

また、もし任意整理の費用が払えなかったらどうすればいいのかということも、ここでは説明していきます。

任意整理の費用の相場

一般的には、任意整理は弁護士や司法書士に依頼して行うため、弁護士費用や司法書士費用がかかります。

任意整理にどのくらいの費用がかかるのかは、どの法律事務所に依頼するかによっても異なりますし、任意整理の対象にしたい会社が何社あるのかによっても変わります。

例えば、大手の弁護士事務所では、任意整理の費用として着手金4万円に加え、報酬金として1万円または減額できた金額の10%がかかるということになっています。

それより安い司法書士事務所では、1社につき3万円2社以上なら追加で1社あたり2万円という設定にしているところもあります。

任意整理の費用は分割払いにできる

弁護士や司法書士に任意整理を正式に依頼すると、会社側に「受任通知」という通知が送られます。

受任通知は任意整理が正式に開始されたことを知らせる通知で、受任通知を受け取ったら督促をしてはいけないというルールがあります。

そのため、受任通知の送付後から任意整理が完了するまでの間は、借金の返済が一時的にストップします。

この期間を利用して、数か月の分割払いで任意整理の費用を支払うことが可能です。

任意整理の費用が払えない場合の解決法

分割払いでも任意整理の費用を支払うのが厳しいという人は、国の正式な法人である「法テラス」を利用するという方法があります。

法テラスでは、目安として月収18万円以下・持っている財産が180万円以下(一人暮らしの場合)の人を対象として、法律関係のサービスを提供しています。

法テラスを利用して弁護士や司法書士に任意整理を依頼すれば、費用を割安で立て替えてもらうことができるので、金銭的な理由で任意整理をためらっている人は相談してみてください。

まとめ

任意整理の費用相場は法律事務所によって異なり、対象とする会社の数が増えるほど高くなりますが、1社につき35万円程度と考えてよいでしょう。

任意整理を正式に依頼すると受任通知が送られ、その効果で借金の返済が一時的にストップするので、その間に数か月の分割払いで費用を支払うことができます。

それでも費用を払うのがつらい場合は、法テラスを利用すれば費用を割安で立て替えてもらうことが可能です。