任意整理しても車は残せる?自動車ローンは組めなくなるの?

任意整理は返しきれない借金を抱えてしまった人が取ることのできる正式な手続きの一つですが、任意整理後に車がどうなるのか気になるという人は少なくないでしょう。

ここでは、今持っている車が任意整理後にどうなるのかを説明したうえで、任意整理後の自動車ローンについてもふれていきます。

任意整理なら車を手元に残せる

借金問題を解決するための手続きには任意整理の他に個人再生や自己破産といったものがありますが、例えば自己破産を選ぶと一部を除いた財産が処分されるので、車を残しておくことはできません。

一方、任意整理では手持ちの財産を処分されるといったことは起こりませんので、車を持っている人でも安心して手続きをすることができます

ただし、自動車ローン完済前の車がある場合、自動車ローンを任意整理の対象に入れると、車が引き揚げられてしまうので、その点は注意してください。

任意整理では整理の対象とする借金を自由に選ぶことができるので、完済前の自動車ローンは整理の対象から外しておくとよいでしょう。

任意整理をすると約5年間自動車ローンが組めなくなる

任意整理をすると、ローン会社などが加盟している「信用情報機関」というところに任意整理を行ったという情報が登録され、いわゆるブラックリストに載った状態になります。

ブラックリスト期間中は経済的な信用に傷が付いている状態なので、自動車ローンなどのローンが組めなくなります

ただ、一括払いで車を買う分には何の問題もありませんし、家族名義で自動車ローンを組んでもらうなどの方法もあるので、車を買うこと自体をあきらめる必要はありません。

任意整理の場合、ブラックリストは約5年間で解除されますが、解除されるときに通知などは特に来ません。

ですので、任意整理後、確実に自動車ローンの審査を通るようにするには、信用情報機関(JICCCICJBA/KSC)に信用情報の開示請求をして、ブラックリストが解除されているかどうかを確認する必要があります。

まとめ

任意整理では財産の処分などはないので、車をもっている人も車を手放すことなく借金を減額してもらえます。

ただし、完済前の自動車ローンを任意整理の対象に含めた場合は車が引き揚げられてしまいますので、自動車ローンは任意整理の対象から外した方がよいでしょう。

また、任意整理後は約5年間ブラックリストに載って自動車ローンが組めなくなりますが、一括払いや家族名義の自動車ローンで車を買う分には問題ありません。

なお、ブラックリストが解除されたかどうかは、信用情報機関に問い合わせて確認することが可能です。