債務整理後はカーローンの審査に落ちる!組めるのはいつから?

車を買う予定がある人にとって、「債務整理後はカーローンの審査に落ちる」というデメリットは気になるところですよね。

債務整理後はいわゆる「ブラックリスト」に載ってカーローンが組めなくなりますが、永久に組めないわけではありません。

いつからカーローンが組めるようになるかは、債務整理の種類によって違います。

債務整理後はブラックリストに載ってカーローンの審査に落ちる

債務整理をすると、銀行やローン会社などが加盟している「信用情報機関」に債務整理をしたという情報が登録され、「ブラックリスト」と呼ばれる状態になります。

信用情報機関の情報は加盟している会社なら見ることができるため、どこの会社でカーローンの審査を受けても「この人は債務整理をしたんだな」ということがバレるので、審査に落ちてしまうことになります。

しかし、債務整理をしたからといって永久にカーローンが組めなくなるわけではありません。

信用情報機関の情報は一定期間で削除され、ブラックリスト解除となるので、その後なら再びカーローンが組めるようになるのです。

いつからカーローンが組めるかは債務整理の種類によって違う

債務整理後いつからカーローンが組めるようになるかは、債務整理の種類によって違います。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった種類がありますが、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510が経てば、信用情報機関の情報が削除されます。

ただし、信用情報機関の情報が削除されてブラックリスト解除となっても、特に通知は来ません。

そのため、カーローンが組める状態になっているかどうか確実に知りたい場合は、信用情報機関に「信用情報の開示請求」をする必要があります。

信用情報とは、信用情報機関が集めている情報のことで、クレジットカードの利用状況や携帯電話代の滞納状況、債務整理の状況などの情報が含まれます。

信用情報機関に登録されている信用情報を開示してもらうことで、債務整理の情報が信用情報機関に残っているかどうか確認することができるのです。

信用情報機関にはJICC」「CIC」「JBAKSC)」3種類があり、JICCCICはインターネット・郵送・窓口、JBAは郵送のみで信用情報の開示請求を受け付けています。

確実にカーローンの審査に通りたい場合は、信用情報の開示請求をしてからカーローンの申し込みをするようにしてください。

まとめ

債務整理をすると信用情報機関に登録されてカーローンが組めなくなりますが、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年が経てば信用情報機関の情報が削除されて、またカーローンが組めるようになります。

ただし、その時に通知が来るわけではないので、確実にカーローンの審査に通りたい場合は、信用情報機関に信用情報の開示請求をする必要があります。