債務整理すると生活にどんな影響が出る?

債務整理をするとブラックリストに載っていろいろな制限を受ける、という情報を目にしたことがある人は多いと思います。

債務整理で生活に影響が出るとしたら主にブラックリストによるもので、クレジットカードが使えない、ローンやキャッシングで借金ができない、分割払いでモノが買えないなどの制限を受けます。

ここでは、債務整理によるブラックリストで生活にどんな影響が出るのかをまとめていきます。

債務整理するとブラックリストに載って生活に影響が出る

債務整理をすると、対象となった会社から「信用情報機関」に債務整理の情報が登録されます。

信用情報機関とは、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している機関で、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかをチェックするための情報を集めています。

信用情報機関に情報が登録されることで、債務整理の対象とした会社以外の会社でもブラックリストによる制限を受けることになります。

ブラックリストになると、クレジットカードが利用停止になる、ローンやキャッシングが使えない、スマホなどの分割払いができない、借金の保証人になれない、信販系の家賃保証会社が使いづらくなる、といった影響があります。

なお、ブラックリスト状態は任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年で解除されます。

債務整理によるクレジットカードへの影響とは?

債務整理でブラックリスト状態になると、今まで持っていたクレジットカードを使ったり、新しくクレジットカードを作ったりすることができなくなります。

クレジットカードが利用停止になると、公共料金やスマホ代などの毎月の支払いがクレジットカードでできなくなるので、クレジットカード払いにしている人はあらかじめ支払方法をコンビニ払いや口座引落に変更しておきましょう。

また、クレジットカードが使えない期間はデビットカードプリペイドカードを作っておくと、クレジットカードの代わりに支払いができるので便利です。

まとめ

債務整理をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に情報が登録されてブラックリストになり、クレジットカードの利用、新規の借金、分割払い、借金の保証人になること、信販系家賃保証会社の利用などができなくなります。

ブラックリスト中でクレジットカードが利用停止になっている間は、クレジットカード払いになっている毎月の支払いを別の支払方法に変更しておいたり、デビットカードやプリペイドカードを作ったりといった対策をしておけば、生活への影響を軽減できます。

三重県で債務整理に強い弁護士法人