債務整理するべき借金の金額はいくらから?目安を解説

借金が返せなくて債務整理を考えた時、「債務整理するべき借金の金額はいくらからだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

実は、債務整理は借金の金額いくらからという明確な決まりはありません。

しかし、債務整理の費用などを考えると、目安となる金額はある程度わかります。

債務整理は借金の金額いくらからという明確な決まりはない

債務整理は国が認めている借金減額の方法ですが、「借金の金額が〇〇万円以上でなければ債務整理できない」という明確な決まりはありません。

つまり、抱えている借金の金額がいくらであっても、「返済が厳しいので債務整理したい」と思ったときに債務整理を行うことができるのです。

ただ、債務整理には費用がかかりますし、手続きの種類ごとにメリットやデメリットがあるので、「このくらいの金額の借金ならこの債務整理」という大まかな目安はあります。

債務整理の種類と借金の金額の目安

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった費用があり、それぞれ適している借金の金額が違います。

任意整理

最も安い費用でできるのは任意整理で、目安として1社につき510万円程度がかかります。

任意整理で減額できるのは利息の全額なので、目安として借金額が1社につき50万円くらいから、減額できる金額が費用を上回ってきます

また、任意整理では遅延損害金も全額カットまたは大幅に減額してもらえるので、多額の遅延損害金がついてしまって借金が完済できないという人は、もっと少ない借金額でも任意整理をする価値があります。

個人再生

個人再生は債務整理の中で唯一、扱える借金額の上限と下限がはっきり決まっています。

個人再生をすると借金の元本を5分の1程度に減額してもらえるのですが、返済額が100万円以下になることはありません。

つまり、100万円以下の借金は個人再生する意味がないのです。

また、個人再生で扱える借金は5000万円までと法律ではっきり決められているので、5000万円を超える借金の場合は自己破産するしかありません。

自己破産

自己破産は債務整理の中で唯一借金をなくしてもらえる債務整理ですが、「任意整理や個人再生では解決できない借金のみ自己破産できる」という決まりがあります。

そのため、任意整理や個人再生で減額してもらえば借金を返せるだけの収入があるとみなされた場合は、自己破産することはできません。

逆に、全く収入がない場合や、生活を維持しつつ借金を返済するのは無理だといえる収入しかない場合は、借金額が小さくても自己破産することは可能です。

まとめ

債務整理には「借金の金額が〇〇万円以上でないとできない」というような明確な決まりはありません。

債務整理では借金の金額や収入の状況に応じて最適な手続きが違うので、弁護士や司法書士とよく相談してどの手続きをとるべきか判断してもらうようにしてください。